オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
工事を手軽に
綺麗なドラム

お部屋の防音を行うには、防音の工事が必要になります。
壁材をかえたり、時には壁の厚みや空間を調整することで外への音を完全に遮音するのです。
防音の工事ではお部屋で音を鳴らしたときに反響音や残響音がなくなることで、通常のお部屋でもスタジオの防音加工でも、それは大切なことであり、どの業者でも防音をすることは必須です。
一般に業者は部屋の壁などに吸収剤を設置することや、音が響くものを他に置かないなどの対策を、工事ですべて行います。
スタジオのような防音設備を作るには、まず設備がお部屋にあうものかどうかを見極めます。
工事業者に頼んで、どういう設計が可能かを相談して、まずはイメージを形作っていきます。
次にどういった楽器を練習するかを考えて、それにあわせた防音を選んでいきます。
打楽器やベースなどは特に音圧が高いので優れた防音が必要です。
外とトラブルがないように防音工事をすれば、自分にも近隣の方とも快い関係を維持することができるのです。

低音にも気をつける

ご自宅などでドラムの練習がしたいとき、どうしても気になってしまうのが外への音が響いてしまうことです。
自分では快適なドラムですが、外の方に迷惑の無いようにすることがマナーであり、ルールです。
ではそうした音が響かないように工事をすることが無難です。
しかし難しいのは、この楽器は楽器の中でも最も音圧が大きく、また指向性が広いために減衰させることが難しいことです。
そのためにも、ドラムなどの低音に適した防音工事をすることで、外へ音が響いてしまうことを防ぎます。
まずはお部屋の環境をよく見てから、工事計画を立て、業者による計画と査定をしっかりとみてから防音の工事を立てます。
どのような概観なのか、そして性能はどのようなものかを業者にしっかりと相談してから工事を行ってもらうことで、イメージを固めていきます。
しっかりした防音環境が出来上がった後は、気のおもむくままにご近所を気にすることなく、ドラムプレイを楽しむことが可能です。